簡単で美味しい!インスタントで作るアイスカフェオレ

アイスコーヒーを飲む時には、少し高いブルーマウンテンのインスタントを、よく使います。ブルーマウンテンだと味もまろやかだし、インスタントといえども香りが違いますよね。

でも、カフェオレが早く飲みたい時はイライラしたりするので、たまに逆バージョンも作ります。その時も同じように、カフェオレは氷水で冷まし、アイスコーヒーは製氷皿で凍らせます。

高い温度でインスタントコーヒーを溶かすと苦くなってしまうので、まずは冷水で少しだけインスタントコーヒーを溶かします。そして、もう一種類作ります。それは、カフェオレです。

甘い方が好きなので、ミルクに砂糖少し多めで淹れると、ちょうど良いんです。そして、ブルーマウンテンの方は氷を張ったボウルの上にコーヒーが入ったガラスの瓶を置き、カフェオレの方は冷まして製氷皿に入れて凍らせます。そして、氷水で冷たくなったアイスコーヒーの中に、凍らせたカフェオレ氷を入れるんです。

飲んでいると、段々凍らせたカフェオレが溶けて、最後の方には、また別の味わいが楽しめます。単純な楽しみ方ですが、アイスコーヒーとアイスカフェオレを一度に楽しめる方法として、夏の暑い時にはよく作ります。

ポイントとしては、アイスコーヒーは冷蔵庫ではなく氷水で冷ます事です。もちろん、冷蔵庫の方がすぐに出来るのですが、氷水で作った方がコーヒーの香りが良いような気がするんです。アイスカフェオレは、凍らせると味が薄くなるので、少し濃い目に作るのが良いですよ。